新信濃美術館

 16日に伊那市生涯学習センターにおいて、新信濃美術館の設計についての県民フォーラムがありました。

建築のコンセプトは「ランドスケープ・ミュージアム」ということで、資料によると、善光寺側から東側道路に至る高低差を活かし、建物が突出することなく、周辺の風景の中に溶け込むことを大きなコンセプトと記載があります。延床面積は10,000㎡、地上3階、地下1階で、交流スペース、県民ギャラリー、多目的ルーム、アート・ライブラリー、ミュージアムショップ、カフェ、展示室A(主として収蔵品展示)、展示室B,C(企画展、国宝・重要文化財展示環境条件を満たす仕様)、展示室D(2層吹抜けの空間)等から構成されており、様々な工夫がされています。完成は善光寺の御開帳に間に合うように、2021年4月を予定しており、今から完成が待ち遠しいですね


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事